スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『がん治療の常識・非常識』を読んで、初めて知ったこと

がんは完治するのだろうか?(3)

がん治療の常識・非常識―患者にとっての
最良の選択とは? (ブルーバックス) 田中 秀一

を読んで、主要ながん治療成績は数十年前と
ほとんど変わっていないことに愕然としました。





前回は、「放射線治療」についてお伝えしました。

今回は、がんは完治するのか、という核心部分について

お伝えしていきます。


結論からお話しますと、現時点では、がんを完治することは

できないのです。数ヶ月の延命は可能になってきています。

しかし、完治することはできないのです。


そう言うが、「治っている人がいるではないか」と反論が

出そうですね。

実は、なんの治療もしないで、放っておいても治るがんが

あると言うのです。


そして、もう一度言います。数ヶ月延命したことは、完治とは

違うということです。


手術や放射線で治療しても、がんの半数は治すことができない。

抗がん剤で治すことができるがんは白血病など一部に限られ、

肺がん、胃がんなどほとんどの固形がんは、抗がん剤では

治らない。これらの「三大療法」に限界があることから、他の

治療法に期待が高まっている。その代表が免疫療法だ。

(P.146) 



期待が高まっている免疫療法ですが、残念ながら成果を

あげていません。


どこに問題があるのでしょうか?

第一は、がん細胞の表面にある抗原を、がん自らがベール

で覆い隠してしまうことだ。こうなると、免疫細胞はがんを

異物と認識することができず、攻撃できない。

次は、がん細胞が、リンパ球の働きを弱めるサイトカイン

(生理活性物質)を出すことだ。サイトカインは細胞外産生

して別の細胞に働きかける物質のことで、たとえばヘルパー

T細胞は、異物を攻撃するB細胞の働きを強めるためにサイ

トカインを出す。がん細胞が出すのは、逆にリンパ球が働け

ないようにする、いわば毒のサイトカインだ。

さらに、がん細胞は、免疫を抑えるリンパ球を集め、自らを

守る手立ても心得ている。リンパ球は通常、異物を攻撃する

のが仕事だが、勢力があまりに強すぎると、自己を攻撃する

など不都合もある。(P.153)



つまり、がん細胞は“賢い”ということです。

がんについて、国立がんセンターの高上部長は次のように

説明しています。

がんは、レーダーに映らないステルス爆撃機の

ように、身を隠すステルス機構を幾重にも持っている。このため、

免疫療法によるリンパ球の攻撃をすり抜けることができる。

(P.153)



がんの早期発見のためにがん検診が薦められていますが、

有効性はあるのか、という問題です。

「早期発見がそのまま完治には役立っていることを意味しない」

(P.166)のです。


「どのような治療を駆使しても、がんの半数は治すことができ

ない」(P.192)のであれば、痛みなどの苦痛を和らげる「緩和ケア」

を重視した方がいい、というのが著者の主張です。


さらに、がんで死ぬことは悪いことなのか、と読者に問いかけて

います。

その理由は以下のとおりです。

がんは心臓病のように突然の死に至る病気ではない。仕事などで

やり残したことを完成させたり、整理したりでき、家族らと

ゆっくり過ごすこともできる。本人も周囲の人も、心の準備を

する時間を持てる。

脳卒中や心臓病、アルツハイマー病より、がんのほうが最後の

迎え方としてはよいと考えることもできる。

どんな病気であれ、若い世代での死は周囲の悲嘆も大きいが、

ある程度の年齢になれば、がんは悪い死に方ではない。

(PP.204-206)



この本を読んで、いろいろなことを考えさせられました。

今まで、がんで死ぬのは嫌なことだ、と思っていました。

がんにならないことばかり考えて、食事に気をつけたり、

ストレスを溜め込まないことに注力してきました。

でも、がんで死ぬことは悪いことばかりではないな、と

言うのが現在の率直な感想です。


この本が出版されたのは、2008年4月20日です。

その後のがん治療の最前線は大きく変貌しているかも

しれません。


今後もがん治療について追究していきます。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。








★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





スポンサーサイト

『がん治療の常識・非常識』を読んで、初めて知ったこと

がんは完治するのだろうか?(2)

がん治療の常識・非常識―患者にとっての
最良の選択とは? (ブルーバックス) 田中 秀一

を読んで、主要ながん治療成績は数十年前と
ほとんど変わっていないことに愕然としました。





前回、がん治療には大別すると3つある、と

お伝えしました。「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」です。


田中さんは、この中で「放射線療法」は軽視されてきた歴史があると、

述べています。ところが、「最近、放射線治療の技術が格段に進歩した

こともあり、ある種のがんでは手術に代わる治療法となってきた」

(P.118)そうです。


そもそも放射線とは何でしょうか? 東日本大震災以後、

福島第1原発事故の報道で、放射線の危険性が叫ばれています。


放射線とは、陽子、中性子、電子、イオンの形になった原子核

など原子を構成する要素の流れ、あるいは電磁波の流れという

ことになる。(P.121)



これだけではよくわかりませんね?

もう少し、解説文を見てみましょう。

放射線には物質を通り抜けることのほかに、「電離」という

性質がある。電離とは、放射線が物質を通り抜ける時に原子

から電子をはじき飛ばすことで、イオン化ともいう。放射線

が人体を通り抜ける時に電離を起こすと、DNAなどにさま

ざまな影響を及ぼす。これが、がんの治療に役立ったり、

放射線による副作用の原因になったりする。(P.122)



ここでキーワードが現れます。アポトーシスです。

アポトーシスとは「細胞の自然死」と言われるものです。

私たちの体の中では、毎日細胞が死滅しています。その現象を

アポトーシスというのです。一方で、新しい細胞が産生されています。


残念ながら、脳細胞は死滅すると、産生しません。

しかし、脳細胞の数は非常に多いので、残った細胞同士が

新たなネットワークを作り、細胞の死滅による機能低下を

補うことができるのです。


「大脳の神経細胞数は約140億個と推定されていますが、

大脳の深い所にある細胞や小脳の細胞を入れると1000〜2000億と

推定されています。」

川上脳神経外科クリニックのホームページから)


放射線はアポトーシスの引き金を引くのだそうです。

ただ、問題は、がん細胞だけでなく、正常な細胞までにも

同様の影響を与えることです。特に影響を受けやすいのは、

骨髄や小腸だそうです。


白血球などの新しい細胞をつくる骨髄の幹細胞が放射線を

浴びると骨髄の壊死などにより、生命にかかわる深刻な

事態を引き起こします。


放射線を集中させる技術が向上し、放射線治療の安全性と

効果を高めたといいます。


がんの種類によって、放射線治療が有効な場合とそうでない

場合があるそうです。小児がんや肺がんには効果があるそう

ですが、胃がんや大腸がんにはあまり効果がないということです。


やっかいなのは、放射線が効きやすいがんでも、サイズが大きい

と効きにくくなるということです。


放射線治療ができる施設は全国に800カ所近くあるそうですが、

その数より医師のほうが少ない、というにわかには信じられない

実態があります。


医師が少ないだけでなく、放射線技師などの専門スタッフも

不足しているのが実態です。


このため、放射線治療をするよりも、手術を行うことが多くなります。

アンケート調査によると、外科医の98%は「手術を行う」

と答えています。(P.142)


さて、次回は「がんは完治するのか?」というテーマで

お伝えします。




読んで面白かったら
ポチっとしてください。








★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





『がん治療の常識・非常識』を読んで、初めて知ったこと

がんは完治するのだろうか?(1)

がん治療の常識・非常識―患者にとっての
最良の選択とは? (ブルーバックス) 田中 秀一

を読んで、主要ながん治療成績は数十年前と
ほとんど変わっていないことに愕然としました。





本著者の田中秀一氏は、読売新聞社の記者で、

新聞協会賞を受賞しています。


丹念な取材でがん治療の最近の状況を1冊に

まとめました。


この本を読むまで、がん治療は相当進歩して

いるはずだ、という先入観を持っていました。


しかし、あっけなくその気持ちは吹き飛ばされ

ました。


がん治療には大別して3つの方法があります。

「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」

です。


がんが悪性の病気である理由は、「浸潤」と「転移」が

あるからです。

「浸潤」というのは、「周囲の臓器や組織に入り込ん

でいくこと」(P.25)です。


「転移」はご存知のとおりです。

「血液やリンパの流れに乗り、離れた臓器に

飛び移って増殖を続けること」(PP25-26)

です。全身に転移すれば、手術もできず、手の施しよう

がないということになります。


私が最初に驚いたのは、肺がんと子宮頸がんの治療成績は

実際にはいっこうに良くなっていない、という指摘でした。

本著から引用します。

信じられないかもしれないが、肺がんを治す、という点に

関して、40年間ほとんど進歩がみられないのである。

肺がん検診の普及で早期発見が可能になり、肺がんは

よく治るようになった、とも言われているが、データを

見る限り、肺がんの治療成績は実際にはいっこうに良く

なっていない。

子宮頸がんの5年生存率も、1960年代以降、

改善がみられない。特に病状が進んだ3期、4期の

がんの生存率は、依然として低い状態が続いている。

(PP.15-16)




さらに、がんの治療が難しい理由を指摘しています。

がんの治療が難しい理由の第一は、がん細胞が自分自身

の細胞に由来するものであることだ。細胞やウイルス

など外部から侵入してきた病原体によって引き起こされる

感染症であれば、抗生物質や抗ウイルス剤を使って病原体

だけを攻撃、排除することができる。ところが、がん細胞

は、自らの細胞に近い性質を持っていることから、抗生

物質で病原体をやっつけるようなわけにはいかない。

(P.27)



がん治療が困難である第二の理由は、がんが持つ「転移」

という性質である。がんは無限に増殖する性質を持って

いるから、治すには根こそぎにする必要がある。そのため

に最も手っ取り早い方法は、がんを手術で臓器毎取り除く

ことだ。放射線治療も、かなりの効果があることがわかっ

てきた。(PP.27-28)




がん治療には、主に「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」が

あると言いました。

しかし、残念ながらどの方法も延命させることはできても、

「完治」させることは現在のところできません。


今月19日に、「NHKクローズアップ現代」で興味深い

話題が取り上げられました。


がん細胞自身が増殖するのではなく、「がん幹(かん)細胞」

というものの存在が確認され、これががん細胞を増殖させる

がんの「親分」らしい、という報告でした。


大阪大学大学院の森 正樹教授の研究グループが、発見した

そうです。まだ、研究段階なので、今後臨床データを蓄積し、

今後のがん治療に役立てたいといった内容でした。


「がん幹(かん)細胞」は普段は活動していないため、発見する

のが難しいらしいですが、「がん幹(かん)細胞」だけを集中

して攻撃することができれば、がんの増殖を抑えられるだけで

なく、がんそのものを治療することも可能かもしれません。


今後の研究が期待されます。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





         
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
14位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。