スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師の仕事はハード

看護師さんの仕事はハード

 私の体験

 
 私が入院した経験で記憶しているのは1度だけです。

 今から40年以上も前のことです。

 高校2年の修学旅行中、それは起こりました。

 旅行先は四国でした。東京から広島へ行き、

広島から船で香川へ渡りました。


 2日目の朝だったと思いますが、急に意識を失い、

後方に転倒したらしいのです。

 転倒する直前までのことが全く記憶にないので、

後ほどその状況を先生に教えてもらいました。


 受験勉強疲れで倒れたのではないか、

と思われましたが、正直なところ今でもよく分からない

のです。


 転倒してから8時間くらい経ったでしょうか。

 目が覚めた時、最初に目に入ってきたのは白い天井

でした。

自分が病室のベッドに寝かされていることに気づくのに、

しばらく時間がかかりました。


 腕を見ると、点滴のチューブがつながっていました。


 後方に転倒したため、右後頭部にこぶができました。

意外にも、それほど痛みは感じませんでした。

そのこぶは今でも残っています。


 私が転倒し救急車で病院に搬送されたため、

自宅に連絡が入り、父が東京から四国まで迎えに来て

くれました。


 心強く感じましたね!

 と同時に、親に大きな迷惑をかけてしまったな、

と心から反省していました。


 その父は、平成10年に他界しました。


 入院した当時、看護師さんに面倒を見てもらって

いたことを後で知りました。

適切な治療をしてくれた医師と、

献身的な看護をしてくれた看護師さんに

感謝しています。


 打ち所が悪く、判断と治療そして看護が間違って

いたら、どうなっていたかわかりません。


 怪我や病気で入院し、献身的な看護師に身の回りの

面倒を見てもらって個人的に親しくなり、結婚する人も

いるそうです。


 私の知り合いにも病気で入院後、看護師さんと相思相愛

になり、結婚した人がいます。結婚、出産、子育てを経験し、

復職しています。仕事に誇りを持っているのでしょう。


 看護師さんには夜勤があり、言うことを聞かない患者や、

セクハラする患者もいて、心身ともに強くないと務まりません。


 ストレスをため、勤務先を変える看護師さんは少なくない、

と思われます。


 このブログが少しでもお役に立てば光栄です。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク



スポンサーサイト

ある介護老人保健施設で思ったこと

ある介護老人保健施設で思ったこと

介護老人保健施設に勤務している人たち


 
以前、都内のある介護老人保健施設に総務・経理担当で

勤務していたことがあります。


 そこでの経験をお話します。


 その施設は、主に認知症患者の短期入所療養介護施設で、

医院が併設されています。


 この施設には医師が1名、看護師は10名前後が勤務して

います。


 初出勤の日、毎朝8時30分から始まる朝礼に出席しました。

各部から担当者が前日の出来事を発表します。

その時、首をひねるようなことが行われました。


 看護師の一人が認知症患者の容態を説明しました。

「プルス110 、褥瘡(じょくそう)・・・・・」


 プルス? そうかパルスつまり脈拍か。じょうくそう?


 看護師にとってはプルス(ドイツ語)という用語は

使い慣れたものであったでしょう。他の看護師も同様に、

専門用語を羅列しましたのでね。


 褥瘡(じょくそう)とは床ずれのことですが、

文字で見て分かっても、耳で聞くと直ちには分から

ない言葉です。


 朝礼に参加する人は医療の専門家ばかりではありません。

私も医療の専門家ではありません。


 看護師同士あるいは医師と看護師間、その他医療関係者

の間で話す場合には、普通の会話が成立することでしょう。


 だれにでも分かる言葉を使い、説明するべきだと感じました。


 この施設の看護師に限らず、普段自分が当たり前のように

使っている専門用語の取り扱いは注意するべきだと思いました。


 私の話を聞いて、もしかしたらあなたはこう考えたかもしれ

ません。

「介護老人保健施設に勤めているのなら、この程度の用語は

知っていて当然ではないか?」


 しかし、それは時と場合によることを肝に銘じるべきです。


 立場を変えて、経理や財務の専門用語を機関銃のように

言われ続けたら理解することは容易ではないはずです。


 あるいは宇宙工学や分子生物学の専門用語を羅列されたら、

あなたならどう思いますか?


 このような方面に関心があり、勉強していたのなら全てでは

なくても理解することはできるかもしれません。


 でも、大半の人にとってはチンプンカンプンでしょう。


 今回は、以前感じたことを率直にお話しました。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




男性と女性の違いは?(2)

男性と女性の違いは?(2)

 
 前回、男女の違いは脳に違いがある、というお話をしました。

 今回は、染色体に違いがあるという事実をお話します。


染色体

 染色体は23組、つまり46本あることは広く知られています。

 22組は男女に違いはありません。

 残り1組の染色体が男女を分けます。


 X染色体とかY染色体という言葉を見たり聞いたりしたことが

あるでしょう。

 その表現を使えば、22組はすべてX染色体で男女共通です。

残り1組がX染色体であれば女になり、XとYの異なる染色体で

あれば男になります。

 
 22組の染色体を常染色体、1組の染色体を性染色体と

いいます。




 
 減数分裂

 男性と女性の生殖細胞合わせると、染色体は2倍含まれる

ことになってしまいますね。そのならないために染色体を半分

ずつにするのです。よくできたシステムですね。

その過程が“減数分裂”といわれるものです。

そして、半分ずつの染色体2組を合わせて1組の染色体を作る

ことになります。


 やっかいな問題があります。

 減数分裂の過程で異常が発生すると、染色体の分離不全が

起こります。高い頻度の先天異常のダウン症が典型です。

23組の染色体のどこで分離不全が起こるかというと、21番目と

わかっています。


 具体的には、染色体が1本多くなるのです。

 そして、その分離不全は母親の卵子の方に起こることが

明らかになっているそうです。


 高齢出産とダウン症の因果関係があるのはそのせいです。


 最近、晩婚化が進み高齢出産が増えるにつれて、

こうした危険性は高くなってきます。


 一方で、出生前診断が行われ、ダウン症とわかった時、

産むか産まないかの決断は決して簡単なことではないでしょう。


 産むか産まないかの決断を迫るのは、男性の無責任と

言われても反論の余地はないでしょう。




読んで面白かったら
ポチっとしてください。




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




         
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
61位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。