スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『がん治療の常識・非常識』を読んで、初めて知ったこと

がんは完治するのだろうか?(1)

がん治療の常識・非常識―患者にとっての
最良の選択とは? (ブルーバックス) 田中 秀一

を読んで、主要ながん治療成績は数十年前と
ほとんど変わっていないことに愕然としました。





本著者の田中秀一氏は、読売新聞社の記者で、

新聞協会賞を受賞しています。


丹念な取材でがん治療の最近の状況を1冊に

まとめました。


この本を読むまで、がん治療は相当進歩して

いるはずだ、という先入観を持っていました。


しかし、あっけなくその気持ちは吹き飛ばされ

ました。


がん治療には大別して3つの方法があります。

「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」

です。


がんが悪性の病気である理由は、「浸潤」と「転移」が

あるからです。

「浸潤」というのは、「周囲の臓器や組織に入り込ん

でいくこと」(P.25)です。


「転移」はご存知のとおりです。

「血液やリンパの流れに乗り、離れた臓器に

飛び移って増殖を続けること」(PP25-26)

です。全身に転移すれば、手術もできず、手の施しよう

がないということになります。


私が最初に驚いたのは、肺がんと子宮頸がんの治療成績は

実際にはいっこうに良くなっていない、という指摘でした。

本著から引用します。

信じられないかもしれないが、肺がんを治す、という点に

関して、40年間ほとんど進歩がみられないのである。

肺がん検診の普及で早期発見が可能になり、肺がんは

よく治るようになった、とも言われているが、データを

見る限り、肺がんの治療成績は実際にはいっこうに良く

なっていない。

子宮頸がんの5年生存率も、1960年代以降、

改善がみられない。特に病状が進んだ3期、4期の

がんの生存率は、依然として低い状態が続いている。

(PP.15-16)




さらに、がんの治療が難しい理由を指摘しています。

がんの治療が難しい理由の第一は、がん細胞が自分自身

の細胞に由来するものであることだ。細胞やウイルス

など外部から侵入してきた病原体によって引き起こされる

感染症であれば、抗生物質や抗ウイルス剤を使って病原体

だけを攻撃、排除することができる。ところが、がん細胞

は、自らの細胞に近い性質を持っていることから、抗生

物質で病原体をやっつけるようなわけにはいかない。

(P.27)



がん治療が困難である第二の理由は、がんが持つ「転移」

という性質である。がんは無限に増殖する性質を持って

いるから、治すには根こそぎにする必要がある。そのため

に最も手っ取り早い方法は、がんを手術で臓器毎取り除く

ことだ。放射線治療も、かなりの効果があることがわかっ

てきた。(PP.27-28)




がん治療には、主に「手術」「放射線療法」「抗がん剤治療」が

あると言いました。

しかし、残念ながらどの方法も延命させることはできても、

「完治」させることは現在のところできません。


今月19日に、「NHKクローズアップ現代」で興味深い

話題が取り上げられました。


がん細胞自身が増殖するのではなく、「がん幹(かん)細胞」

というものの存在が確認され、これががん細胞を増殖させる

がんの「親分」らしい、という報告でした。


大阪大学大学院の森 正樹教授の研究グループが、発見した

そうです。まだ、研究段階なので、今後臨床データを蓄積し、

今後のがん治療に役立てたいといった内容でした。


「がん幹(かん)細胞」は普段は活動していないため、発見する

のが難しいらしいですが、「がん幹(かん)細胞」だけを集中

して攻撃することができれば、がんの増殖を抑えられるだけで

なく、がんそのものを治療することも可能かもしれません。


今後の研究が期待されます。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





スポンサーサイト

『誰が日本の医療を殺すのか』を読んで考えたこと

日本の医療の問題点(3)

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の
知られざる真実 (新書y) 本田 宏 洋泉社

を読んで、いろいろ考えさせられました。





3回シリーズの最終回は、「日本の医療費は本当に高いのか」

について考えていきます。


米国では健康保険料が非常に高いため、

加入していない人が多く、高額な治療費を

払えないことはよく知られています。


一部のお金持ちしか、十分な医療を受けられないのが、

実情です。


一方、英国は医療費が全額給付され、

乳幼児から高齢者までが適正な医療を受けられます。

歳出削減が声高に叫ばれている英国では、

「医療費の個人負担なし」は見直されるべき、

との議論があるようです。


では日本の医療費は高いのでしょうか?

まず、国は医療費削減を推し進めているという実態を

知ることが大切である、と考えます。


本田医師は、こう書いています。

通常、高齢者の比率が増加すれば、国家予算の

医療費を増やすのが世界の常識だが、日本は

あろうことに高齢者の増加を医療費削減の

大きな理由の一つに挙げ、GDP当たりの

医療費を他の国より抑制しているのだ。

(P.123)




私の個人的な見方では、医師は相当収入がいい

のではないか、と思っていました。


ところが、本田医師によると、その見方を

否定します。

一般の勤務医は、生涯賃金も、大手企業の

サラリーマンより安いといわれている。

医師の生涯賃金が低い理由の一つは、

一人前の医師になるのに10年くらいかかること

があげられる。最近は、研修をはじめて二年間は

国から資金援助が受けられるシステムに成ったが、

その2年を終えて大学の医局へ戻ると、かつての

研修医同様、タダ働きに近い待遇で、30歳前後

までアルバイトをしなければ生活できないくらい

の低収入を余儀なくされる。(P.130)



とても信じられませんでした。

ジェネリック医薬品は、特許の切れた薬品と同じ

成分で作られた薬品で安価であることは周知の

事実です。


その一方で、新薬がバカ高いのも事実です。

なぜ高いのか、考えたことはありますか?

本田医師は、高額な医療機器を含めた実態を、

次のように説明しています。

薬の価格には、日本の製薬メーカーが

世界とトップレベルの競争力を維持するため

という名目の「援助金」が上乗せされており、

医療機器の価格には、日本の貿易黒字の

見返りとして、アメリカへの「心づけ」が

上乗せされているからだ。(P.132)



病院の大半が赤字に陥っている、という報道がされてことがあります。

医師や看護師を含む医療スタッフの賃金が高いことが要因か、と

思っていましたが、そうではないようです。


医療機器や薬品が高価なため、病院経営が厳しい、

というのが主因のようです。

病院が購入する薬や医療機器は、

国が定めたさまざまな規制によって、

世界一高いレベルに設定されている。

欧米の通常価格の3倍くらいの値段で

買わされているものさえある。(P.132)



これが実態であれば、「3時間待ち3分診療」も頷けます。

日本の病院はいわゆる「薄利多売」を余儀なくされている。

そのため、短時間で多くの患者さんを診なければ、

病院の経営は成り立たない。それが結果的に患者さんの

満足度の低下につながるとともに、医療スタッフの

労働環境の悪化、ひいては医療の安全を揺るがす原因にも

なっているのである。(P.136)



それでも疑問が残ります。

開業医は土日祝日は休みが取れ、

開院日でも休憩時間が設けれているからです。

「余裕」があると思ってしまいますよね!


ところが、本田医師によれば「開業医天国」にも

翳りが見えてきたそうです。

「在宅療養支援診療所」という診療所にとって

厳しい新制度が2006年に提示されたからだ、

ということです。


「在宅療養支援診療所」とはどのようなものなのでしょうか?

在宅療養支援診療所とは、24時間365日体制で

在宅診療を行う診療所が優遇される制度のことだ。

厚労省が、終末期医療の中心を病院から地域の診療所へ

移し、医療費の大幅削減を狙うために打ち出した措置である。

(P.139)



この制度のどこに問題があるのでしょうか?

周囲の医療機関とうまく連携がとれなければ、

日中の診療を終えた後、夜中じゅう回診に歩き

回ることになる。

(中略)

これでは報酬が増えても、勤務医以上に厳しい

労働条件となり、医師の体力がもたない。

(P.139)



これでは、「医者の不養生」になりかねませんね。


病院経営が厳しく、開業医も楽ではないことは、

ある程度理解出来ましたが、医療費の3割負担

は決して軽いものではありません。

諸外国と比べ、国民の負担は重いのか軽いのか。

本田医師によれば、次のとおりです。

各国の医療費の個人負担(成人患者自己負担)を比較

すると、日本は入院・外来の区別なく医療費の3割負担

(国民健康保険の場合)となっている。

一方、イギリス、カナダは全額給付で「個人負担なし」。

イタリアは外来が全額給付で、入院は検査の一部のみを

自己負担するだけである。(P.141)



先頃、2020年東京オリンピック開催が決定しました。

7年度の開催を目指し、公共事業に莫大な国家予算が

投入される可能性が高まりました。


年金を含めた社会保障がないがしろにされる可能性が

強まったとも言えるでしょう。


本田医師の次の言葉が本質を語っています。

社会保障よりも公共事業が大切、これが

日本政府の答えなのである。(P.147)



3回にわたって、誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の
知られざる真実 (新書y) 本田 宏 洋泉社

を読んで考えたことはをお伝えしました。

1点だけ注意が必要です。

この本が出版されたのは、2007年9月21日(初版発行)

です。その後の医療関係の状況に、変化があったかもしれない、

ということです。


今後も医療に関する諸問題を取り上げていきます。

私は素人の目線で、関係書や報道を通じて、気づいたことを

書いていきます。


ご意見・ご感想をお待ちしています。

辛辣なご意見も大歓迎です。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク

【ベネッセスタイルケア】日勤のみや夜勤専従など

あなたのライフスタイルに合わせた働き方が可能






『誰が日本の医療を殺すのか』を読んで考えたこと

日本の医療の問題点(2)

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の
知られざる真実 (新書y) 本田 宏 洋泉社

を読んで、いろいろ考えさせられました。






前回に引き続き、上掲書の内容をお伝えします。

今、私は医療の諸問題に関心があります。

医師や看護師、薬剤師を含む医療に携わる人たちは

足りているのでしょう?


開業医には、定休日があり、診療時間も患者さん主体

ではなく、医師本位のスケジュールが設定されている

ことが多いですね。


なかには、私が知っている歯科医院は、医院が入居して

いるビルの休日以外は無休で開院しています。

土日祝日も開院しているのです。

平日は夜7時まで、土日祝日は夜6時までです。


こうした医院(病院も含む)はまれです。



「3時間待ち3分診療」という実態が、よく言われます。

なぜ、そうなってしまったのでしょうか?


著者の本田医師は、次のように書いています。


私の担当する外科では、1回の当直で「のべ35~38

時間勤務」になることもザラである。(P.68)




私は、この文章を読んで、一瞬自分の目を疑いました。

見間違いや読み間違いをしたのではないか、

と思ったのです。

しかし、見間違いでも、読み間違いでもありませんでした。


「医者の不養生」という言葉がありますが、こんな無茶を

していたら、心身に悪影響を及ぼすだけでなく、判断を誤り、

医療事故の引き金にならないか、ととても心配になりました。


本田医師の説明は続きます。


当直明けの脳は、多量のお酒を飲んだときと同じ程度に

判断能力が低下しているそうだ。連日の無理な当直は、

医師の心身に大きな負担となるだけでなく、結果的に

患者さんの安全管理にも影響しかねないのである。(P.69)




では、医師は無休で働いているのでしょうか?

それはありえないことですね。

本田医師の言葉です。


もちろん、勤務医にも休日はある。しかし、セカンドコール

といって、緊急の呼び出しがあれば、休日返上で病院に

駆けつけなければならない。

私の場合でいうと、休日の3分の1から2分の1は、

セカンドコールで病院へ出向いている。少しでも何かあると

「医療事故」と糾弾されかねないため、外科の責任者として

365日24時刊いつでも連絡がとれるよう、就寝時でも

携帯電話を枕元に置いている状況だ。(PP.70-71)




こうした労働環境で、医師の過労死や過労自死はないの

だろうか、という疑問が湧きました。


マスコミで取り上げられることはめったにないからです。

「医療ミス」や「医療事故」は度々取り上げられます。


過労死や過労自死は、研修医だけでなく、

中堅医師の間でも増えている。(P.87)




小児科医と産科医が減っている、あるいは病院で小児科や

産科を扱わなくなってきている、という話を見聞きしたことが

あると思います。


ただ、その理由まではあまり知られていないと思います。

小児科医が減少している理由を、本田医師は、具体的に

解説しています。


小児科の場合、乳幼児への負担を避けるため、

採血やレントゲンなどの検査はできるだけ控えられている。

だから、十分な診療報酬を稼ぐのは容易ではない。

しかも、小児科は、一人ずつの診療時間がどうしても

長くなってしまう。なぜなら、心配する親御さんに、

時間をかけてわかりやすく病状を説明する必要があり、

点滴一つするにも大人とは比較にならないほど時間が

かかるからだ。(PP.91-92)



つまり、病院は非営利法人ではないので、

コストパフォーマンスを考えると、割が合わないのです。

国の少子化対策と矛盾していることが、

日々行われています。


産科医が減少している理由は、ちょっと事情が異なり

ます。


産科医が減っている背景には、訴訟の多さも関係して

いる。

(中略)
日本人の意識の中では、もはや「お産は安全に生まれて

当たり前」という意識が強い。何か異変が起こればすぐに

「医療ミスだ」と糾弾されてしまうのである。(PP.94-95)




小児科医や産科医が減っているだけでなく、

看護師不足も深刻になってきているそうです。

2006年に診療報酬の改定が行われ、それまでの

患者10人に対し、看護師1人体制から、患者7人に

対し、看護師1人体制に変更されました。

つまり、病院は看護師の人数を増やさなくては

ならなくなったのです。


そこで、多くの病院で看護師争奪戦が繰り広げられ、

有名大学病院は地方の看護学校まで回って新人

看護師を根こそぎ獲得しているそうです。


本田医師は、こうした現状に状況が好転するとは思えない、

と悲観しています。


看護師の絶対数が不足している現状では、7対1を

クリアするのは至難の業である。

最近は、国外から看護師を呼ぼうという動きまで出て

いるようだが、過酷の現場の勤務体制を放置したまま、

目先のことだけを考えて安易に国外から労働力を導入

しても、日本の看護がよくなるとは思えない。(P.112)





次回は、「日本の医療費は本当に高いのか」という問題を

取り上げます。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




『誰が日本の医療を殺すのか』を読んで考えたこと


日本の医療の問題点(1)


誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の
知られざる真実 (新書y) 本田 宏 洋泉社

を読んで、いろいろ考えさせられました。






副題は、『「医療崩壊」の知られざる真実』と

なっています。


著者は、埼玉県にある、済生会栗橋病院の副院長兼

外科部長(執筆当時)をされています。


埼玉県は、都道府県別人口10万人当たりの医師数は

最も少ないそうです。

そこには切実な問題が多くありました。


私が知らないことが次々に明らかになり、マスコミで

報道されている「事実」と現場の「実態」には、

大きな隔たりがある、と感じました。


小児科医や産科医が少ない、小児科や産科を希望する

医学生が少ないのには理由があります。


1つは、晩婚化や未婚の女性が増えたため、出生率が

低下しているため、なり手が少ないこと。


もう1つは、本書を読んで知ったことですが、

圧倒的に訴訟が多いのは産科である(P.31)


という事実です。


2006年2月に福島県の産婦人科医が逮捕されたケースが

書かれています。


帝王切開中に妊婦が大出血を起こして死亡した

事故だ。

その翌月、奈良県でも、妊婦が出産直後に死亡した

のが医療事故とされ、産婦人科医が書類送検されて

いる(後に不起訴処分)。(P.31)




こうしたケースを含め、「医療事故」の背景にあるのは、

「慢性的な人手不足」によるものだ、と著者は訴えています。



医師のみならず、看護師も含めて現場で働く医療

スタッフの大半は、慢性的な人手不足から、毎日、

寝る時間もほとんどとれない状況で治療にあたっ

ている。(P.36)




では、なぜ医師不足が起こるのか?


それは、国の政策にある、と著者は資料を基に断定しています。


日本の医師不足を論じるとき、忘れてならないのは、

医師の養成数が国家に統制されているという事実

である。

大学の医学部には定員があって、大学側が勝手に

医学部を新設したり、医学部の定員を増やしたり

することはできない。

つまり、いくら現場で「医師が足りない」と叫んでも、

国が認めない限り養成する医師の数は増やすこと

ができないのである。これが、医師不足を解決する

上で大きな障壁となっている。(P.53)




以前、日経ビジネスの特集記事で「医師1200人、

管理職7200人が選ぶあなたを救う病院 2013.4.1


が取り上げられました。


その記事の中で、救命救急センターや大学病院の

医師たちの労働実態が明かされていました。


そこには、私たちが想像する以上に過酷な労働に

耐えかね、退職したり、医師が病気に罹る現実が

生々しく記されていました。

詳しくは、

医師1200人、管理職7200人が選ぶあなたを救う病院
2013.4.1


をご覧ください。


次回は、「3時間待ち3分診療」の舞台裏について

お伝えします。



読んで面白かったら
ポチっとしてください。







★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




         
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
58位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。