スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンCの大量摂取ががんに・・・?(2)

ビタミンCの大量摂取ががんに・・・?(2)

アメリカのノーベル賞受賞生化学者である
ライナス・ポーリング博士によって、
1970年に『ビタミンCとカゼ』という本が
出版され、「ビタミンCががんに効く」という
研究発表がされました。


ところが、当時のアメリカ医学界と製薬業界は
この事実をよしとせず、抗癌剤開発を優先させる
ため、あの手この手を使って、ビタミンCは
効果がない、という話をでっち上げ、40年
近く、「ビタミンCが、がんに対顕著な効果が
あるという事実」を封印してきました。


ビタミンC(サプリメント)とは何か、まとめてみました。

(1)薬ではなく、栄養補助食品である

(2)抗酸化物質である

(3)カゼを防ぎ、がんに効く

(4)安価である



私が着目したのは、ビタミンCはコラーゲン
というタンパク質の合成に欠かせない物質、
ということです。


コラーゲンというと女性は大いに関心がある
ことでしょう。若々しさを保つために大切な
物質だからです。


コラーゲンは毎日減少していくそうですから、
生体はこれを補うために大量のコラーゲンを
合成しなければならないわけです。しかも、
コラーゲンを合成するたびにビタミンCが
消費されるそうです。


ですから、ビタミンCを毎日大量に摂取し
なければならないことが分かります。


コラーゲンは女性だけでなく、男性にとっても
大切な物質です。


さて、人間は酸素を吸って、二酸化炭素を吐き
出して、呼吸していますが、酸素は元来体を
酸化させる毒なのです。


活性酸素は体を酸化させ、老化を促進させます。
激しい運動や蓄積されたストレスは活性酸素を
大量に発生させますから、体を酸化させ病気の
原因になります。


現代人はストレスに悩まされています。ストレス
によって発生した活性酸素が胃粘膜の細胞を
破壊することによって胃潰瘍を発症するそうです。


ビタミンCは抗酸化物質ですから、体の酸化を
防ぎます。だからこそ、ビタミンCを毎日摂取
しなければならないのです。


つまり、こういうことです。

ヒトが健康に生きるためのカギは、“酸化をどう防ぐか”
にかかっています。酸化は病気につながりますが、このこと
は一般には、まだ十分に理解されていないようです。

 (『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』
(講談社プラスアルファ) 生田 哲 P.70)


生田さんは、「ビタミンCこそは『細胞の守護神』
なのです」(上掲書 P.70)と断言しています。


ほとんどの動物は必要に応じてビタミンCを体内で
合成できますが、ヒトはそれができないそうです。


もう少し正確に言えば、ヒトの祖先はビタミンCを
合成する能力を持っていたそうです。今から4000
万年前にその能力を失ったそうです。その祖先はサル
というよりも毛深いネズミに近い小動物だった頃の
出来事です。


ビタミンCを体内でつくれない動物は、ヒト、サル、
モルモットだけだそうです。


話を戻しまして、ではビタミンCの大量摂取というのは、
具体的にどれくらいの量を指すのでしょうか。


「ビタミンCのメガドース療法」には2種類あります。
1つはビタミンCを静脈に直接投与する点滴療法で、
もう1つはサプリメントとして口から飲む(経口摂取)
です。


点滴療法は、病院でしか実行できませんし、注射針を
刺すため痛みがあり、健康保険適用外のため、1回の
治療費が2万~3万円と高額です。


その点、サプリメントは安価ですから続けやすいです。
では、サプリメントのビタミンCを1日にどれ位摂取した
良いのでしょうか?


ずばり、毎日、3~数十グラムも飲むことになります。
前回、私はビタミンCのサプリメントを3~4回に分けて、
1回につき2カプセル(1000ミリグラム=1グラム)
ずつ飲んでいます、と書きました。


つまり、3~4グラムずつ飲んでいることになります。


前回書きましたように、90日分(1日2カプセルで180
カプセル)で660円(DHCの場合)です。


生田さんは、このように書いています。

安価で安全な「食品」、ビタミンCがカゼ、インフルエンザ、
がんに効くばかりか、副作用もないというのは驚くべき事実
です。

  (上掲書 P.103)




次回は、ビタミンCは体のどの組織に多く含まれのか、
ビタミンCが不足するとどんな病気になりやすいのか、
天然型と合成ビタミンCに違いはあるのか等について
お伝えします。



ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く
(講談社プラスアルファ)  生田 哲

をぜひ、ご一読ください。


ビタミンCの常識が覆されますよ!


生田哲(いくた・さとし)さんは、
薬学博士で東京薬科大学大学院修了後渡米し、
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
などの博士研究員を経て、イリノイ工科大学
(化学科)助教授を歴任し、帰国後は生化学、
医学、薬学などライフサイエンスを中心とする
執筆活動を行っているそうです(「略歴」から)。



生田さんがこの本を書くきっかけとなったのは、
実は、2005年に米国で発表されたビタミンCに
関する論文を2009年7月になって気づいたから
だそうです。






読んで面白かったら
ポチっとしてください。




ビタミンCで #放射能 防御3/4Protect from #Radiation (Part 3)






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




スポンサーサイト

ビタミンCの大量摂取ががんに・・・?(1)

ビタミンCの大量摂取ががんに・・・?(1)

あなたは何かサプリメントを摂っていますか?


私は、毎日ビタミンCと亜鉛を欠かさず摂っています。


今回は、ビタミンCについてお伝えしていきます。
サプリメントは、最寄駅に隣接するビル内にある
DHC専門店で購入しています。


「90日分 ビタミンC ハードカプセル」です。
1日に2粒が目安とされ、2粒でビタミンC1,000mg
が含有されているそうです。


1粒にレモン約33個分のビタミンCが含有されている
ということは、2粒で約65~6個ということに
なりますね。


尚、ビタミンB2も含有されているそうです。


サプリメントは、薬ではなく、栄養機能食品であること
に注意してください!


このサプリメントを宣伝するのが目的ではないので、
これ以上詳しくは説明しません。


「1日2粒目安」と表記してありますが、
私は1日に6~8粒摂っています。
もちろん、1度にではなく、3~4回に分けて2粒
ずつ摂っています。


「少し多すぎじゃないの?」
とあなたは思ったでしょう。


去年の秋までは、私もそう思っていました。


その本を読むまでは・・・?


その本とは、
ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く
(講談社プラスアルファ)  生田 哲

です。


タイトルを読んだだけで購入したのですが、
驚くべき事実を知り、以来毎日6~8粒摂っている
のです。


本来なら、もっと大量に摂取してもいいのですが、
90日分をおよそ30日で摂取しているから、まあ
よしとしましょう、ということです。


値段が気になりますか?


「90日分 ビタミンC ハードカプセル」は、
わずか660円です!
とても安いです。


これから上掲書に書かれていることに基づいて、
お話ししていきます。


その前に、まず、著者について簡単にお伝えして
おきます。

生田哲(いくた・さとし)さんは、
薬学博士で東京薬科大学大学院修了後渡米し、
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
などの博士研究員を経て、イリノイ工科大学
(化学科)助教授を歴任し、帰国後は生化学、
医学、薬学などライフサイエンスを中心とする
執筆活動を行っているそうです(「略歴」から)。



生田さんがこの本を書くきっかけとなったのは、
実は、2005年に米国で発表されたビタミンCに
関する論文を2009年7月になって気づいたから
だそうです。


その論文の趣旨は、定説を覆すものでした。
その論文には「ビタミンCががん細胞を」
殺す<ことを証明する衝撃的なものだったそうです。


その後、生田さんは多くの医学論文を取り寄せ精査した
ところ、次の5点が科学的に、十分に証明されている、
と理解するようになったそうです。

(1)ビタミンCはがんに効く
(2)ビタミンCはカゼやインフルエンザに効く
(3)ビタミンCは感染症、心筋梗塞、脳梗塞にも効く
(4)ビタミンCは病気になりにくい体をつくる
(5)しかも、ビタミンCは安価で副作用のない安全な
食品である


                         (上掲書 P.5)


いかがですか? にわかには信じられないですよね?


しかし、2005年に発表された衝撃的な論文を発表した
のは、NIH(米国立衛生研究所)のマーク・レビン博士ら
のグループでした。


ところが、話はそこで終わりません。
ノーベル賞受賞生化学者であるライナス・ポーリング博士が、
1970年に『ビタミンCとカゼ』という本を出版しています。


さらに、1979年にも、スコットランドのエワン・
キャメロン博士との共著で『がんとビタミンC』を刊行し、
「ビタミンCはカゼに効く」「ビタミンCはがんにも効く」
と書いていましたが、医学界の権威に認められず、
失意のうちに1994年8月に93歳で世を去りました。


それ以来、ビタミンCはカゼにもがんにも効かない、
ということが医学界の定説となっていました。


40年近くもの間、「ビタミンCはがんに効く」という
事実は封印されてきたのです。


「ビタミンCががんにも効く」ことになると都合が悪い、
米国の医学界と薬品業界との癒着もありました。


抗がん剤の開発に邁進していた薬品業界と、高い薬価を
請求できる医学界とが、安価なビタミンCががんに効く
ことになると、お互いに損するということで、利害関係が
一致したのです。


当時の米国医学界の権威・チャールス・モーテル博士が
メイヨ・クリニック総合がんセンター長という要職に
就いていて、作為的な実験を行い、ビタミンCはがんには
効かないことを公にしたのです。


医師たちは普段、患者さんの治療に専念しているため、
最新情報を得たり、新しい論文に目を通す時間は取れない
でしょう。


そうすると、今まで通り「ビタミンCはがんには効かない」
という先入観に囚われていても不思議ではありません。


次回は、ビタミンCとはどんな性質を持った「食品」なのか、
がんやカゼ以外にどのような病気に効くのか、劇的な効果を
上げるためにはどのような摂取方法が良いのか等について
お伝えします。






読んで面白かったら
ポチっとしてください。




ビタミンCで #放射能 防御3/4Protect from #Radiation (Part 3)






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク


















         
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
50位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。