スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリスマ心臓外科医が明かす驚愕の真実(2)

カリスマ心臓外科医が明かす驚愕の真実(2)


『異端のメス 心臓外科医が教える
病院のウソを見抜く方法!』

南淵明宏 講談社文庫 2011年9月15日
第1刷発行


著者の南淵(なぶち)さんは医療番組によく出演する
心臓外科医です。


あなたも一度はテレビで観たことがあるかも
しれません。



この本の内容は、これ以上目を開けられないほどの
驚きの連続でした。



ここまで書いて大丈夫なのか、と心配になりました。
ですが、すぐに考え直しました。



事実を白日のもとに晒すことができるのは、
南淵さんは長年にわたって2000件以上の
手術に携わってきた経験と実績があるからです。



急性大動脈解離と気管内挿管

さて、今回は2つの医学用語のご紹介から始めます。
その2つとは「急性大動脈解離」と「気管内挿管」です。


この2つの医学用語は、この本で初めて知りました。
あなたはご存知でしたか?


医療に携わっている方や、医療問題に関心のある方に
とっては基礎用語かもしれません。


南淵さんの解説を見てみましょう。
まず、急性大動脈解離から。


 急性大動脈解離という病気も突然に起こる

 実に理不尽な病気だ。とにかく大動脈が

 何の前触れもなく、一瞬のうちに縦に

 50センチ程度も裂けてしまう病気だ。

 ストレスや高血圧が原因といわれて

 いるが、本当のところはわからない。

 (上掲書、以下同様  P.131)


恐ろしい病気ですね! 突然起こるので、対処のしようが
ありません。


次に、気管内挿管


 急に呼吸が止まった人はすぐに呼吸を

 回復させなければ死んでしまう。

 それゆえ、喉(のど)にチューブを

 挿入する。「気管内挿管」という

 装置がある。医療行為の基本中の

 基本だ。死に瀕した患者に生気を

 送り込む、文字どおり起死回生、

 救命処置の伝家の宝刀である。

 しかしながら当然、気管内挿管には

 技術が必要だ。


 ところが、そんな気管内挿管すら

 できないで偉そうにしている医師は

 たくさんいる。

 (PP.30-31)


驚きましたね! 「医療行為の基本中の基本」である、
気管内挿管ができない医師がたくさんいるとは。


南淵さんはそうした医師に手厳しい。 


 私に言わせれば、そんな医師は医師ではない。

 外見だけで医師に見える。「医者もどき」

 である。彼らがやっかいなのは、外見上

 普通の医師と区別がつかないことだ。

 しかも、全国の病院にたくさんいる。

 (P.31)


南淵さんが指摘しているこれだけのことでも、開いた口が塞がらない
事実です。助かる命も助からない、ということは十分にあることに
なります。診察した医師が「医者もどき」だったら運が悪かった、
ということで諦めるしかなさそうです。


まだまだ、驚くことは出てきます。
次の事実も初めて知ったことですが、外科医と内科医との
関係です。


次の文章をよくご覧ください。


 外科医は内科医の診断の結果、「手術が必要」

 とされた患者にだけ手術を行う。
 
 (P.73)


 「手術を受けなさい」、と患者に印籠を渡すのは、

 内科医の役目である。外科医は内科医の

 御沙汰にかしずく地位にある。
 
 (P.74)

内科医のほうが外科医より上位にいる、という事実についても、
想定外でした。別の科ですから、この病気であれば内科で、
あの病気であれば外科に分けられるものと思っていました。



新薬とは・・・?

普通に考えれば、従来品よりも大幅に改善された薬ですね。
ところが、南淵さんの説明を読むと、まったく違うことがわかります。


どう違うのか見てみましょう。驚きの連続で、患者だけでなく、
被保険者はこの現実を知って、ショックを受けて新薬を拒否するか、
諦めて現状を受け入れるしかなさそうです。


 医療の分野では余計な機能だけが増えて、

 値段がバカ高くなった新製品が目立つ。

 特に新薬だ。医薬品や医療機器の新製品

 とは、「新しく儲かる仕組み」という意味だと

 思う。値段が上がっても料金を払うのは患者

 であり、仕入れの値引率は一定(通常15パー

 セント程度 注:藤巻隆 P.42から)だから

 高いクスリを売ったほうが病院も儲かるからだ。

 「新しいクスリでどんどん儲けておくんなはれ」

 という甘言で医者に売ろうとするのだから仕方

 がない。
 
 (P.74)

ここまでくると、驚くというよりも溜息が出てきます。
厚生労働省、病院や医師、そして製薬会社という
鋼鉄のトライアングルが出来上がっているのです。
そう簡単に、このトライアングルが壊れることはありません。



データの捏造疑惑

理化学研究所の小保方晴子さんの「STAP細胞」騒動
は沈静化しましたが、類似した「出来事」は過去にも
ありました。


 2005年9月、東大で研究データを捏造した

 疑惑が発覚した。DNAに関する研究データ

 を捏造した疑いが強く、その架空データを

 もとに世界的科学雑誌で論文を発表した

 とされ、事実であれば許し難い行為だ。

 「事件結果には自信があるが、それを

 裏付ける物的証拠を提出できず、深く

 反省している」と担当教授は弁解していた。

 (PP.90-91)


ここで取り上げられている世界的科学雑誌とは、

「世界で最も権威ある雑誌『ネイチャー』」(PP.91-92)

です。


さらに、こんな事件も起きました。


 2005年には、慶応大学の教授が約4200万円

 の研究費を別の目的で使った事実も発覚した。

 流用した教授本人によれば、けっして私用では

 使っていないということだ。では、私用でなけれ

 ば何に使ってもいいのか。お小遣いを無駄に

 使った子どもが「あくまでお勉強のために使った

 のだから」と言い訳しているように聞こえる。

 そんな理屈はどこの世界でも通用しない。
 
 (P.93)



第2回はここまでにします。


初回に掲載した次の文章を再掲します。
本質的なことを述べた言葉だからです。


 「医学とは予測する芸術である

 (Medicine is the art of guessing)」

 という、有名な格言がある。

 現実にはこの「予測」がきわめて

 難しいから、こういう言葉ができた

 に違いない。

 (P.36)


次回は、他の医師や病院についてではなく、南淵さんの
驚くべき事実と考え方をご紹介していきます。
ご期待下さい!



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク

【年収2000万円以上の案件多数】ジョブデポ医師登録



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
14位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。