スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療の限界とは何か? (2)



医療の限界とは何か?(2)






『医療の限界』(小松秀樹 新潮社
2007年6月20日 発行)を読んで、
医療の現状を知り、感じたことを
書いてみます。


お伝えすべきことが多く、
また私の感想や意見もかなりのスペースを
割くことになりますので、3回にわたって
お伝えしていきます。


まず、著者について紹介しておきましょう。
現在、虎の門病院泌尿器科部長をされて
います。


「2006年に『医療の崩壊 「立ち去り型
サポタージュ」とは何か』で、病院医療の
危機を克明に描き、発現する第一線の
臨床医として注目される」
(上掲書 著者紹介 から


著者、小松秀樹(小松)さんは「はじめに」で
次のように書いています。


日本の医療は今、崩壊の危機に瀕している、と。


 いま、日本の医療は危機に瀕しています。

 不確実なことをそのまま受け入れる大人の

 余裕と諦観が失われました。このため、

 本邦では医療のみならず、専門家と非専門家

 の齟齬(そご)が、社会の正常で円滑な運営

 の障害になっています。本書では、社会を

 支える基本的な考え方についての齟齬を、

 可能な限り偏見から自由になる努力をしつつ、

 凝視したいと思います。一部の方は不愉快に

 思われるかもしれませんが、その際には、

 不愉快の根源をどうかお考えいただきたい。
 

  (『医療の限界』 PP.3-4)


そして、この書の眼目とも言えることを
吐露しています。



 日本の医療を守っていくためには、医療提供側

 の努力だけではなく、患者、司法、メディアなど、

 社会の側にも医療に対する認識を変更してもらう

 必要があると感じました。
 

  (上掲書、以下同様 P.5)


変化についても述べています。これは前進です。


 東京地検に出向いて議論もしたし、その後、

 検察官が医療現場の実情を現場で見学する

 ようになりました。検察が様々な分野の

 専門家や、ヒューマン・ファクター工学の

 専門家のレクチャーを聴くようになりました。

 これは、各専門分野と検察の相互理解、

 ひいては、過失犯罪に対する検察の合理的な

 対応にむけての、意味のある進展だと

 思います。
 

  (P.7)


小松さんが憂慮していることは、次のことです。


 私は医療崩壊の原因は患者との軋轢(あつれき)

 だと思います。使命感を抱く医師や看護師が

 現場を離れつつある。

 このまま事態が進んでいくと、結果的に困る

 のは医療を必要とする患者とその家族です。
 

  (P.8)


小松さんは突き放しているのではありません。
危機感を抱き、率直に述べているのです。



では、始めます!


医学と司法の埋めがたい深い溝とは?


医学と司法との間にある深い溝について
書いています。


第1回に少々取り上げましたが、
著者小松秀樹さんは、医学と司法との間には
隔たりがある、という話を書いていました。


具体的見ていくことにしましょう。


 医療においても、警察は判断能力を持ちません。

 医療は危うくなった生命を救おうとしますが、

 しばしば成功しない。医療は極めて多様な決定を

 しながら実施されます。その中には、通常ならば

 考えつかないような妙案、ほぼ適切なもの、多少

 は不適切なもの、非常に不適切なもの、いろんな

 ものが混じり合うのです。ある状況での正しい

 医療行為は、一つに限定されるわけではない。

 正しい医療、あるいは選択可能なものは多数あり

 ます。
 

  (PP.76-77) (註:赤文字は藤巻 以下同様)


ここでの説明を読みますと、多数の選択肢から
医師が状況に応じて、迅速、的確に判断し医療
行為を実施していかなければならないことが、
分かります。


そうした中で、人間が行う以上、「誤り」が生じる
ことを防ぐことは極めて難しいと言えます。


「To err is human, to forgive divine」(過つは
人の常、許すは神の業)(P.45)という言葉は、
医療においても当てはまる、と小松さんは考えて
います。


そのことの証左として、次の言葉があります。


 医療は常に不完全技術です。完璧でなくても

 やらないといけない。いつも改善すべき点が

 存在する。改善するための努力を常にしている

 のです。
 

  (P.77)


そのような実情を知らず、警察官も検察官も医療に
踏み込んでくることに批判的な意見を述べています。


 警察官も検察官も医療についてあまりに

 知りません。私が手術をしたある検察官

 が言っていました。

 「医療がどのような経過で進められて

 いるものかが、想像できていなかった。

 さらに自分が想像できていないことが、

 想像できていなかった」。彼は、医療

 従事者側から医療をみたわけではなく、

 ただ患者として手術を受けただけにすぎ

 ません。手術前後の医療側の業務の多さと、

 夜勤看護師の業務に驚嘆したようでした。
 

  (PP.77-78)


医師法第21条について書いています。
この規定は、異状死は警察に届けなくては
ならないというものです。


 医師法第21条は、「医師は、死体又は

 妊娠4月以上の死産児を検案して異状が

 あると認めたときは、24時間以内に

 所轄の警察署に届け出なければならない」

 と規定しています。
 

  (P.81)


異状死として届け出ると警察はどのような行動を
取るのかについては、このように書いています。


 異状死として届け出ると、警察は犯罪がある

 ことを念頭に操作を始めます。犯罪を前提に

 捜査する以上は、被害者、被疑者としてみる。

 しかも家族が被害感情を持った場合、それは

 容易に警察官に伝播します。警察官も同じ

 ような感情を持つようになると、犯罪を前提に

 事情聴取を行い、ときには乱暴なことをしだす

 のです。

 しかも司法解剖の結果が病院に伝えられない

 ため、かえって紛争が拡大するということが

 起きています。
 

  (P.83)


「司法解剖の結果が病院に伝えられない」という
事実を初めて知りました。


警察官は「先入観」を抱いて捜査することが習慣化
されているため、時に大きな誤りを犯すことがあり
ます。



医学は未来志向、司法(法学)は過去と照合し検討


医学と法学との間に深い溝がある理由は、
医学は未来に向かって変化していくものに対して、
法学は過去の文章や判例の検討にある、
と小松さんは考えています。


方向性が異なるということです。
ですから、交わることがないという考え方です。


 医学は未来に向かって日々変化するものです。

 他方、法律家は、過去の文章や判例が検討の

 対象であり、未来への働きかけをあまり考え

 ません。医学の膨大な知見を無視して、感情や

 駆け引きで医療の瑕疵を追及し、法律の都合に

 合わせるのは危険なことです。
 

  (PP.95-96)


ただ、警察官や検察官、さらに裁判官に
「医学の膨大な知見」を理解することを
求めるのは、無理があるのも事実です。



知的財産高等裁判所

刑事事件と民事事件の違いはありますが、
裁判官が科学的な知識が乏しいために、
研究者が開発した特許技術を正当に評価
できなかった話を今、思い出しました。


現在では電光掲示板や信号機、室内灯などに
広く使われるようになったLED(発光ダイオード)
照明があります。


光の三原色(RGB=RED、GREEN、BLUE)のうち、
青色LEDは世界中の企業や技術者が開発に
シノギを削っていましたが、誰にもできません
でした。





青色LEDが開発されていなかったために、
光の三原色ができず、あらゆる色彩の光を
生み出すことができていませんでした。


中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校
教授は、実質的に一人で青色LEDを開発しました。


市販の装置をそのまま使っていては、青色LEDは
開発できないと分かると、中村さんは自ら装置を
改良し、青色LEDを開発したのです。


中村さんは特許を出願し、特許庁から承認され
ました。


ところが勤務先の日亜化学工業の評価は極めて
低いものでした。


そこで中村さん(原告)は日亜化学工業(被告)を
相手取って訴訟を起こしました。


第一審では、原告側の主張が認められ、
200億円の価値があると認定されました。
実質的には600億円とも言われました。


被告側は、その判決に納得せず、即時に控訴
しました。


その結果、何と第一審の100分の1の2億円と
認定されたのです。


最高裁へ上告することも考えたそうですが、
これ以上、時間と訴訟費用をかけることは、
研究者として損失が大き過ぎると判断し、
上告を取りやめたそうです。


2億円でもいいじゃないか、と思われるかも
しれませんが、
「裁判費用や弁護士費用、証拠資料の収集
のための費用、さらに膨大な時間を費やし、
ほとんど何も残らなかった」、
と中村さんは語っています。


中村さんがこの訴訟に拘ったのは、日本の
研究者が過小評価されている現状を打破したい
と考えたからでした。


傷心の中村さんは、国内外の多くの企業や大学
からの招聘がありましたが、
「もう日本には未練がない」
ということで、すべて断り、
以前から声をかけられていた米カリフォルニア大学
サンタバーバラ校教授となりました。頭脳流出です。


現在、新たな研究に日夜勤しんでいるそうです。
日本にとって大きな損失です。


裁判官に最先端の科学技術の知識を要求しても
到底無理な話です。科学技術の乏しい知識を前提
に、判決を下すのは無謀です。


その点、米国には「知的財産高等裁判所」
(知財高裁)が、はるか以前から設置され、
知的財産権(特許など)に関する訴訟を取り扱って
います。


ようやく日本でも、米国に倣って「知的財産高等
裁判所設置法」(知財高裁設置法)が施行され
ました。


下記のリンクをご参照ください。
施行されたのは、平成17年4月1日です。
知的財産高等裁判所設置法
(平成十六年六月十八日法律第百十九号)



施行されてから9年以上が経過していますが、
めざましい成果を上げているとは言い難い
ですね。


科学技術に明るい裁判官の育成が進んでいる
とは、到底言えないからです。

知的財産高等裁判所 Wikipedia から


知的財産権を取り扱う、知財高裁と同様に、
医療事故の訴訟を専門に扱う裁判所が必要
ではないか、と思いました。


ただ、知財高裁は「高等裁判所」であり、
原告か被告のどちらかが、判決に不服を申し立て
上告した場合、結局、最高裁で争われるので、
知財高裁の裁定が尊重されるのか、疑問があります。



話が脇道にそれました。
話を戻します。



リベラル・アーツ

小松さんは、医学部に対しても批判的な目を向けて
います。医師になるまでの一般教養をしっかり身に
つけさせるべきだ、という意見です。


 医学部に入ると6年間の教育を受けますが、

 医師を育成するための重要なこと教育が

 不足しています。文学、歴史、哲学、思想史

 といった思索を深めるような教養科目は二の次

 で、専門教育に偏りすぎています。

 指導的医師になるためには、知性、教養が

 不可欠です。現在のような医療混乱期に、

 指導的医師に求められる能力は、医学部での

 教育では得られません。教養教育が重要だと

 思いますが、必ずしも、大学で直接教える必要

 はありません。イギリスの大学生は入学資格を

 得ると、1年間大学に行かずに世界を旅して

 回ることが許されるそうです。若い時期には

 人間としての基礎、土台をつくるために、

 こうした精神的放浪も必要なのだと思います。
 

  (PP.129-130)


小松さんが指摘しているのは、欧米でリベラル・
アーツ(Liberal Arts)というものです。
一般教養です。


かの世界一の大学と称される米ハーバード大学
には、教養学部(リベラル・アーツ)しかない
そうです。


以前勤務していた介護老人保健施設の理事長は、
ハーバード大のリベラル・アーツ卒でした。
ハーバード大では一般教養を学び、大学院で
専門教育を受けることを知りました。


ハーバード大学 Wikipedia から


ハーバード大学



ハーバード大学と大学院




医師が、個人の能力を伸ばすための条件

小松さんは、医師が、個人の能力を伸ばすための
4条件を提示しています。


 医師が、個人の能力を伸ばすための

 条件は、

 ①たくさんの患者を診られる

 ②勉強する時間がとれる 

 ③議論できる仲間がいる

 ④他との交流ができる、ことです。

 この4条件の中で、研修病院には、

 勉強する時間が足りないこと、仲間が

 少ないこと、交流がないことが決定的

 な問題です。研修病院は大学の医局

 よりさらに交流がないのです。

 医療に進歩、変化が求められるかぎり、

 能力を向上させるための交流、すなわち、

 人事異動制度を研修制度に組み込むべき

 です。これは個々の病院だけでできる

 ことではありません。医師の育成には

 病院間、大学間、あるいは一般病院と

 大学間の協力がどうしても必要です。 
 

  (P.140)


この本の中で、小松さんはかなり突っ込んだ
意見を度々述べていますので、反感を買う
ことが予想されます。


それでも、歯に衣着せぬ意見を言い続けられる
のは、そう簡単に負けない経験と実績に裏打ち
された自信があるからでしょう。


第3回、最終回になりますが、医療現場の過酷
な実態と、「混合診療」がメディアで取り上げ
られるようになってきましたので、日米の医療
の比較等についてご紹介します。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





"
現代医療の限界ー現場医師の本音





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
50位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。