スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療の限界とは何か?(3)



医療の限界とは何か?(3)





『医療の限界』(小松秀樹 新潮社
2007年6月20日 発行)を読んで、
医療の現状を知り、感じたことを
書いてみます。


お伝えすべきことが多く、
また私の感想や意見もかなりのスペースを
割くことになりますので、3回にわたって
お伝えしていきます。


まず、著者について紹介しておきましょう。
現在、虎の門病院泌尿器科部長をされて
います。


「2006年に『医療の崩壊 「立ち去り型
サポタージュ」とは何か』で、病院医療の
危機を克明に描き、発現する第一線の
臨床医として注目される」
(上掲書 著者紹介 から)


著者、小松秀樹(小松)さんは「はじめに」で
次のように書いています。


日本の医療は今、崩壊の危機に瀕している、と。


 いま、日本の医療は危機に瀕しています。

 不確実なことをそのまま受け入れる大人の

 余裕と諦観が失われました。このため、

 本邦では医療のみならず、専門家と非専門家

 の齟齬(そご)が、社会の正常で円滑な運営

 の障害になっています。本書では、社会を

 支える基本的な考え方についての齟齬を、

 可能な限り偏見から自由になる努力をしつつ、

 凝視したいと思います。一部の方は不愉快に

 思われるかもしれませんが、その際には、

 不愉快の根源をどうかお考えいただきたい。
 

  (『医療の限界』 PP.3-4)


そして、この書の眼目とも言えることを吐露しています。



 日本の医療を守っていくためには、医療提供側

 の努力だけではなく、患者、司法、メディアなど、

 社会の側にも医療に対する認識を変更してもらう

 必要があると感じました。
 

  (上掲書、以下同様 P.5)


変化についても述べています。これは前進です。


 東京地検に出向いて議論もしたし、その後、

 検察官が医療現場の実情を現場で見学する

 ようになりました。検察が様々な分野の

 専門家や、ヒューマン・ファクター工学の

 専門家のレクチャーを聴くようになりました。

 これは、各専門分野と検察の相互理解、

 ひいては、過失犯罪に対する検察の合理的な

 対応にむけての、意味のある進展だと

 思います。
 

  (P.7)


小松さんが憂慮していることは、次のことです。


 私は医療崩壊の原因は患者との軋轢(あつれき)

 だと思います。使命感を抱く医師や看護師が

 現場を離れつつある。

 このまま事態が進んでいくと、結果的に困る

 のは医療を必要とする患者とその家族です。
 

  (P.8)


小松さんは突き放しているのではありません。
危機感を抱き、率直に述べているのです。



では、始めます!


医療現場の労働環境

小松さんは、医療現場の労働環境の実態を
つぶさに語っています。


この現状では、ヒューマン・エラー
(アクシデント)が起きても不思議では
ないと感じられます。


「ICU(集中治療室)化している」
(P.148)という言葉が象徴的です。


 日本の医療現場の労働環境は非常に過酷

 なのです。厚生労働省による診療報酬

 体系の改定で在院日数が短縮化されたため、

 私の勤めている虎の門病院のような急性期

 病院が全体的にICU(集中治療室)化

 しています。病棟ではさまざまなアラーム音

 が頻繁に鳴り響いている。私が主として利用

 している病棟(病床数56)では、患者を

 手術室に運び、また迎えにいくといった作業

 だけで1日10往復を超えることもあります。

 医療行為の瑕疵を問われないようにするため、

 手続きが複雑化しています。手術室で患者を

 受け渡す際には確認事項が多く、33項目の

 チェックリストがある。これだけで長時間の

 労力が要る。もちろん他の入院患者にも手が

 かかるし、随時、記録を残さなければいけない。 
 

  (PP.148-149) (註:赤文字は藤巻 以下同様)


ICU(集中治療室)化とは、どのようなもの
なのでしょうか? もう少し、具体的に解説して
いる個所がありますので、一緒に見てみましょう。


 ICUというのは重症で手間のかかる患者を

 治療する病棟ですから、通常の病棟よりも

 多数の看護師が配置されている。

 通常の病棟のICU化とは、看護師の労働が過酷

 になっているのに、それに見合った形での増員は

 なされていないことを意味します。

 こうした病棟では深夜勤務がとくに危ない。

 看護師2人で30~50名の患者を管理しな

 ければなりません。これは危険なことです。

 例えば、人工呼吸器はちょっとしたことで

 不具合が生じやすく、不具合が10分以上

 続くと、重大な被害が発生します。

 人工呼吸器を装着している患者がいると、

 人手さえあれば、起きないはずの事故が

 起きるのは当然のことです。
 

  (P.149)


こうした対応は、患者の家族(誰でもなりうる)は
欧米化、特に米国化していると言えます。
米国は訴訟社会で、しばしば企業よりも個人を尊重
する評決がなされます。


日本では、訴訟にまで発展するケースは多くないかも
しれません。示談で済ませることが多いでしょう。


いずれにせよ、訴えないと損だ、という風潮が増加
傾向にあると見ています。「泣き寝入り」はしない、
ということです。


いったん、事故が起きるとどうなるのか、
生なましい実態が報告されています。


 いったん事故が起きると、患者の家族は人員

 配置やコストの問題ではなく、あくまで善悪の

 問題としてとらえます。しばしば看護師を処罰

 することを求め、賠償金を要求します。

 もし院長が安易に患者の立場に立ってしまう

 ようだと、看護師の士気は落ち、大量辞職も

 起こりかねません。
 

  (PP.149-150)


どうしてこのようになってしまったのでしょうか?
それは、厚生労働省(国)による医療費の抑制政策
がとり続けられているからです。


 医療の崩壊が現実のものとして危惧されるなか、

 06年4月の診療報酬改定では、物価上昇傾向

 の中でマイナス3.16パーセントという史上

 最大規模の医療費削減が実施されました。

 日本の医療費は、80年代前半以降世界に例を

 見ない抑制政策が取られ続け、さらに強化されて

 います。
 

  (P.150)

患者に対する医療費は抑制し、予防医学という名目で
「検査」を多くし、「早期発見、早期治療」を国是として
いますが、余計な検査が多く、検査費用のほうが
かかっているという実態もあります。


いわゆる「検査漬け」です。検査、検査でいじくり回し、
かえって病状を悪化させている点も否めません。



市場原理の医療の怖さ

米国の医療費は非常に高額で、また保険料が高いために
低所得者では保険に加入することができません。


米国で自己破産の原因の第1位は何だかご存知ですか?
医療費です。


以下の記事は、「アメリカの自己破産の6割は高額な
医療費が原因」と言うものです。


 アメリカの自己破産の6割は高額な医療費が原因!

 もちろんアメリカにも国が運営する健康保険

 はありますが、加入できるのは高齢者と

 低所得者だけ。それ以外の人は勤務先などを

 通じて民間の医療保険を契約しますが、

 2008年時点で何の保険にも入っていない

 無保険者が全米に4570万人もいました。
 
 
 アメリカで自己破産した人の6割以上は医療費

 が原因。ですが、そのうちの8割以上が民間の

 医療保険に加入していたというから驚きです。


 (オバマ大統領は)一応の改革は行ったものの、

 民間の医療保険の加入を義務付け、その保険料

 を税金で補助することにしただけです。

 アメリカではますます医療破産が増えるので

 ないかと危惧されています。
 

  アメリカの自己破産の6割は医療費が原因…。
 (ダイヤモンド社 書籍オンライン から)


アメリカ社会を一言で言えば、
「アメリカにおける競争は徹底した個人同士の
競争」(P.184)
ということになります。


小松さんは、アメリカの病院に勤務していた医師
の体験を紹介しています。


 大井(玄、東京大学国際保健学元教授)氏は、

 職場は戦場であり、常に、競争、喧嘩、敗北

 を意識しながらの生活だったと書いています。

 病院では、競争の残酷な結果、すなわち、

 金持ちと貧乏人に対する極端な扱いの差を

 目撃しました。

 大井氏は、日本に帰国して、数年後、寝たきり

 老人や認知症の老人の宅診事業を始めたとき、

 診療後、自分が、決まって急性反応性うつ状態

 になることに恐怖狼狽しました。その根底には、

 能力を失い他人に依存すること、他者に自尊心

 を傷つけられること、自我が崩壊していくこと

 に対する恐怖がありました。彼の若い同僚たち

 にはそうした反応は起きませんでした。

 大井氏は、その原因を、「アメリカという本物

 の競争社会に生活し、競争の苛酷さを目撃した

 から」と分析しています。 
 

  (PP.185-186)


こうした反応は、アメリカという競争社会で生活
した人でなければ、分からないことでしょう。


さらに、自分自身が「寝たきり老人や認知症の
老人」になった時の姿を想像したからなのでしょう。


大井氏が体験したことが、さらに紹介されています。
先の話は、大井氏がアメリカ社会で垣間見た過酷な
競争の実態でした。


今度の話は、アメリカから日本の大学に留学してきた
女子大学院生が受けたカルチャーショックについて
です。


 大井氏は、ハーバード大学から東大に修士論文を

 書くためにきていた女子院生が、逆のカルチャー

 ショックを受けていたのを目撃しました。とくに、

 大学院生がお互いに助け合って仕事をしていること

 に、彼女は、倫理的怒りを含む衝撃を受けました。

 「『信じられないわ。ハーバードではだれもが他の

 だれとも競争しているのに!』」

 彼女にとって同僚とは、すなわち競争相手であり、

 自分が成功するためには打ち負かすべき対象であり、

 決してアイデアを提供して実質的援助をおこなったり、

 自分が独創性あると考える着想を共有する者では

 なかった。


 日本人は、はたして、市場原理主義が求める徹底

 した個人間の競争に耐えられるでしょうか。

 市場原理主義は、宗教を背景にしており、歴史的、

 倫理的に日本人にはなじみのないものです。
 

  (PP.187-188)


日本も少しずつアメリカ的な競争社会に変貌しつつ
あります。そこには弱者は切り捨てられ、強者のみが
繁栄する「格差社会」の到来です。


1%の金持ちと99%の貧しき者という社会が、
現実味を帯びてくることでしょう。


同じ病を患っても、金持ちは治してもらえるが、
貧乏人は適切な治療を受けられず、野垂れ死ぬ
ということが当然のこと、となるかもしれません。


日本社会の伝統に「思いやり」があります。
アメリカの女子院生がカルチャーショックを受けた
「助け合いの姿」は「思いやり」の気持ちが根底に
あります。


日本人の伝統である「相手を思いやる」気持ちが
薄れたり、なくなると、刺々しくギスギスとした社会
になることは間違いありません。


「お・も・て・な・し」が流行語となりましたが、
「おもてなし」は度を過ぎると、余計なお世話になり、
迷惑がられます。押し付けになってはいけません。


その点で、「思いやり」は奥ゆかしさがあり、
相手の気持ちを尊重した態度です。


そのあたりの感覚は、アラカン(アラウンド還暦)の
私の世代以上の人間と、若い世代の人間とは、
意識の差があるかもしれません。


今回、『医療の限界』を読んで、深く考えさせられ
ました。医療の限界だけでなく、あるゆる面で、
日本社会が大きく変貌しつつあることを実感した
からです。


現在の安倍政権は、確実に「格差社会」を促進
するための施策を打ち出しています。


大前研一さんが提唱した「生活者」の生活が、
日に日に苦しくなっていくような政策を、矢継ぎ早に
実施しています。


「機会の平等、結果の不平等」は、しかたのないこと
です。やってもやらなくても結果が同じでは、やらない
ほうがいいとなるからです。役人のように。


スタートラインに立って、よーいドンでスタートしたが、
一方は圧倒的に早くトラックを駆け抜け、ゴールのテープ
を切り、後続者は数秒遅れでゴールしました。
明らかな順位がつきました。


力の差は歴然です。
それは認めざるを得ませんね。


ですが、機会が平等に与えられず(スタートラインに立つ
ことができず、つまり門前払いされ)、結果だけ不平等
(上位入賞者と着外)では、大多数の生活者は納得でき
ません。競争に参加できないのですから。


今後も医療問題について追究していきます。
他人事では済まされません。


「私には関係ない」、と言い切れますか?


重いテーマを最後まで読んでいただき、ありがとう
ございました。





"
現代医療の限界ー現場医師の本音





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

医師看護師薬剤師の味方

Author:医師看護師薬剤師の味方
藤巻 隆(ふじまき・たかし)と申します。

私のメインサイト 本当に役に立つビジネス書 をご覧になったことがあるかもしれません。

今年2013年4月16日で、立ち上げてから12年目を迎えます。

今度は、医師、看護師、薬剤師の方の転職を支援するためにブログを立ち上げました。

より条件の良い職場に移りたいとお考えの方は、一般企業に務められている方も、医師、看護師、薬剤師の方も同じです。

さらに、医学に関するいろいろな情報を掲載し、ブログ閲覧者に資することを目指します。

建設的なコメントを希望していますが、有益なコメントであれば、厳しいご意見もお受けします。

あなたとともに私も成長し、このブログが定評を得るようになれば、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を高めることができます。

どうぞよろしくお願いします。

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



FX

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
61位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

リンク

最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

アマゾン・サーチボックス

売れ筋ランキング    (男性向け)

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

売れ筋ランキング    (女性向け)

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。